目次

ぎっくり腰ならぬぎっくり背中とは?

ふっとした動作で背中に激痛が走り、そこから何日も痛みが続き、

「腕や頭を少し動かすだけでも背中が痛い・・・!」

「ちょっと腰を動かすだけでも背中が痛い・・・!」

「寝返りもくしゃみでさえもツライ・・・!」

といった痛い経験をしたことはありませんか?

その症状はもしかしたらぎっくり背中かもしれません。

ぎっくり腰という名前は誰でも聞いたことがあると思いますが、「ぎっくり背中」は初めて聞いたという方もいるかもしれません。ぎっくり腰とぎっくり背中では、同じような症状が起こりますが、メカニズムや対処法など異なる部分も多くあります。

この記事では、ぎっくり背中の症状や本当の原因、対処方法についてお伝えしていきますので、ぎっくり背中の痛みにお悩みの方は、ぎっくり背中への正しい知識をぜひ学んでみてください。

ぎっくり背中って何?正式な名称はなんという症状なの?

ぎっくり背中という名称は、ぎっくり腰と同じように、正式な名称や医学的な用語ではありません

ぎっくり腰と同じように、急に起こった背中の筋肉の痛みに対して、それをぎっくり背中と呼ばれています。正式な名称ではありませんが、整形外科や整体院の先生たちも「ぎっくり背中」と呼ぶことが多く、もしぎっくり背中の症状でお悩みの方は、先生にはそのように伝えて問題ありません。

医学的な正式名称としては、ぎっくり腰が急性腰痛症と言われるのに対し、ぎっくり背中は急性背部痛とも呼ばれます。

ただし、こちらの急性背痛症という正式名称はあまり一般的ではないので、整形外科の先生などに症状を伝える際は、「ぎっくり背中になってしまったみたいで・・・」と伝えるのが無難でしょう。

ぎっくり背中はぎっくり腰とは何が違うの?

ぎっくり腰とぎっくり背中の違いは、痛み症状が起きる体の部位が異なる点にあります。ぎっくり腰は腰付近が痛くなりますが、ぎっくり背中では、首から腰まで間の背中部分に痛み症状が発生します。

そして、この背中にある筋肉や筋肉を包んでいる筋膜と呼ばれる膜状の組織に、疲労やダメージが蓄積する負担がかかりすぎると、背部の筋肉が負荷に耐えきれなくなり痛み症状が発生するのがぎっくり背中です。

ぎっくり背中は、普段の日常の動作以上に背中の筋肉に負荷をかけすぎたり、運動不足などで筋肉が凝り固まっていると発生しやすくなります。

  • 子育て中のお母さんが長時間子どもを背負っていた
  • 同じ姿勢のまま長時間デスクワークをしていた
  • 引越しでたくさんの荷物を運んだ

などで、背中の筋肉に負荷が掛かっていると感じたときは、ぎっくり背中にならないように事前のケアを行っておくのが良いでしょう。

ぎっくり背中の症状のメカニズムは?ぎっくり背中ではどこが痛くなる?

ぎっくり背中で言う「背中」とは、左右の肩甲骨の間にある範囲を示しています。おおまかにですが、お腹側で肋骨(あばら骨)のある範囲の後ろ側がこの範囲と重なります。

ぎっくり腰は腰部にある腸腰筋が痛みの主な原因となりますが、ぎっくり背中の場合は、腕、頭、腰と体の広範囲と密接に関わる背筋部分が痛みの原因となります。

そのため、痛みの原因となる筋肉によってはぎっくり腰よりも、動作が制限され日常生活がしにくくなってしまうこともあります。

ぎっくり背中を起こすと、体や腕をちょっとでも動かすたびに、肩甲骨の内側、背骨や肋骨付近から、激しい痛みを感じるようになります。この痛みは、早く症状が治まる方だと2〜3日、長い方では1週間〜1ヶ月ほど続きます。

ぎっくり背中のメカニズム!ぎっくり背中は筋肉によって症状が変わる?

ぎっくり背中の症状は、痛みが起こっている場所によって変わります。

具体的には、

  • 深く呼吸をするときに背中が痛む
  • 頭を動かしたときに背中が痛む
  • 腕を持ち上げる動作で背中が痛む

といった事例があります。

ぎっくり背中の原因となる背筋は、細かく見ると本当に多くの種類があるので、ぎっくり背中と一言で言っても、対処法は一筋縄ではいきません。痛みの原因となる筋肉がわかれば、お医者さんなどに受診する際にもスムーズに症状を伝えられるので、どの筋肉が痛みの原因なのかを事前に知っておけると良いでしょう。

ぎっくり背中の原因となった筋肉を知るためには、どの動きをすると背中が痛むのかを確かめれば、どの部分の筋肉が傷ついているのかを特定することができます。

例えば、手や足を動かしたときに痛みが強くなるようなら、広背筋などの「皮膚に近い筋肉」を痛めている可能性があり、深い呼吸をしたときに痛みが強くなるようなら、外肋間筋などの呼吸筋と呼ばれる「体の深い場所にある筋肉」を痛めている可能性があります。

「皮膚に近い筋肉」と「体の深い場所にある筋肉」の両方を痛めていると、手足の動きでも呼吸でも痛みが強くなります。

次からは、それぞれの筋肉が原因となるぎっくり背中のメカニズムについてお伝えしていきます。

皮膚に近い筋肉が原因のぎっくり背中が起きるメカニズムとは?

私たち人間の体の表面には皮膚が存在し、全身が覆われています。

そして皮膚の下にはいくつもの筋肉が存在しているのですが、これらの筋肉は体内でむき出し状態になっているのではなく、「膜」と言う繊維の組織によって筋肉の表面を覆っているのです。この膜は筋膜と呼ばれます。

筋膜のうち、皮膚の近くにある浅い箇所を「浅筋膜(せんきんまく)」と呼び、深い箇所のものを「深筋膜(しんきんまく)」と呼びます。

このうち浅筋肉は、腕や足などを動かすための筋肉です。無理な体勢を長くとっていたり、急に身体をねじったりするとこの浅筋膜が傷つき、ぎっくり背中になりやすくなります。

ぎっくり背中のメカニズムは、このように浅筋膜や深筋膜が傷つくことで痛み症状が起こっています。

深い場所にある筋肉が原因のぎっくり背中が起きるメカニズムは?

浅筋膜に対して、背中の深い場所にある筋肉である深筋膜は、ヒトが呼吸をするために働く筋肉です。

一般に「呼吸筋」と言われる筋肉ですが、息を吸ったり、はいたりした時にこの筋肉が動きます。ちなみに、ひゃっくりの原因となる「横隔膜」もこの呼吸筋の一部です。

呼吸をするたびに、ぎっくり背中の痛みの症状が強くなるようであれば、身体の深い場所にあるこの筋肉が痛みの原因になっている可能性があります。

この呼吸筋は、無理な体勢などで圧迫されるとダメージが蓄積する原因となるので、普段から姿勢が悪い方などは、この呼吸筋が原因となるぎっくり背中になりやすくなります。

急な背中の痛み!ぎっくり背中になる本当の原因とは?

それでは、どんなことが原因でぎっくり背中は起こるのでしょうか?ぎっくり背中になる原因として多いものには次のようなものが挙げられます。

  • 前日に不自然な体勢で長時間身体を動かした
  • 風邪などの病気にかかり咳が多くなっている
  • 前屈みだったり猫背の姿勢が多い
  • 肩こりや腰痛で、頚部や腰部を支える筋肉の機能が低下している
  • デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる
  • 慢性的な運動不足
  • 身体への過剰な負荷によって筋肉に慢性疲労が蓄積している

つまり、ぎっくり背中は急に「ギックリ!」と痛みの症状が起きるように感じますが、もともとの原因は、普段からの無理な姿勢や、慢性的な運動不足などによる筋力の低下にあるのです。

筋肉は繊維状の組織が集まってできているため、輪ゴムのように伸縮性があります。私たちはこの筋肉が伸び縮みをするお陰で、腕を伸ばしたり、首を上下に向けたり、カラダを捻ったりすることが出来ています。

しかし、この筋肉が、普段から姿勢が悪かったり、運動不足であったりすると、血行不良や冷え、ストレスなどによって疲労が蓄積しやすくなり、筋肉が硬くなってしまいます。

このような状態になると筋肉の柔軟性が落ち、それまでは普通にできていた動作にも耐えられなくなり、ちょっとした負荷で背中の筋肉が「ギックリ!」と傷つく原因となるのです。

ぎっくり背中を早く治したい!ぎっくり背中の対処方法とは?

ぎっくり背中は痛みが伴うところを特定しないとスッキリと改善されるまで時間はかかりますが、お医者さんや整体院にかからなくても、自分で行える対処法はあります。

ここではぎっくり背中を起こした時に、ぎっくり背中の痛みをなるべく早く改善するための対処方法を3つご紹介します。

ぎっくり背中の対処法①炎症を抑えるために安静にして患部を冷やす

ぎっくり背中の痛みで全く動くことができないときは、まずは絶対安静にすることが必要です。患部では痛めた筋組織が損傷し、炎症が起こっているため、腕や腰を動かすことで患部を刺激すると、炎症が悪化してしまう恐れがあります。

ベッドの上などで安静にできる場所を確保できたら、次は患部を冷やすようにしましょう。アイスノンや氷のうなどを使って冷やすことで、痛みを和らげ、炎症を素早く抑えてくれる効果が期待できます。

冷やし方としては、患部に直接当てて10分ほど冷やし1時間ほど間隔を空け、再度10分冷やすというサイクルを繰り返しましょう。あまり長時間冷やしすぎると低音やけどになる恐れがあるため注意が必要です。

ぎっくり背中の対処法②動かせる範囲で少しずつ体を動かしていく

強い痛みがあるうちは負担のない姿勢をキープするために安静にしていれば良いのですが、長く横になっていると、今後は背骨を支える筋肉が凝り固まってしまい、血管を圧迫して血液の循環が滞ってしまいます。血行が悪くなるとぎっくり背中の痛みが改善されても、またぎっくり背中を繰り返す可能性が高くなります。

そのため、ある程度痛みが和らいできたと感じたら、無理のない範囲で体を動かしていきましょう。少しでも痛みが残っているうちは、15分程度のウォーキングなど軽めの運動から始めれば良いでしょう。

ぎっくり背中の対処法③患部を温めながらストレッチをする

ぎっくり背中の痛みは軽減してきたけれど、背部にだるさや凝りを残っているというときは、軽く腕や肩を回す、体の前で両手を組んで頭の上へ伸ばすなど、簡単なストレッチをすると、筋肉への負担を減らしながら無理なくほぐすことができます。

このようなストレッチをするときはお風呂のあとにすると、温まった筋肉がほぐれやすくなるため、より高い効果が期待できます。ぎっくり背中を予防したいという方は、筋肉を温めながら体の柔軟性を高められるホットヨガなども効果が見込めるでしょう。

なお、筋肉の凝りや痛みをやわらげるためにマッサージをする方もいらっしゃるかもしれませんが、痛みのある箇所を強く刺激すると炎症が悪化し、症状がさらに悪くなる危険性が高くなります。

これは、ぎっくり背中だけでなく肩や首の凝りがあるときも同様で、すでに硬くなってしまった筋組織に強い刺激を与えると、余計に筋組織を損傷させてしまうからです。

痛み症状が残っているうちは、マッサージなど患部を刺激するのはやめて、無理のない範囲でストレッチをしながら筋肉をほぐしていきましょう。

ぎっくり背中の気になるアレコレ〜ぎっくり背中Q&A!〜

ぎっくり背中に関するよくある質問をまとめてみました。ぎっくり背中にはどのような対処法が良いのかを判断するための参考などにしてみてください。

【ぎっくり背中Q&A①】ぎっくり背中になったときは病院は何科に行けばいいの?

ぎっくり背中になったときは、まずは整体院か整形外科に受診するのがオススメです。筋肉の痛みが原因であれば、基本的には整体院で問題ありませんが、あまりにも症状が進行していて整体院では対応できないケースもあります。

そのようにぎっくり背中の症状が悪化していて、痛み止めのための服薬や、手術などが必要になる場合もあるので、その際は総合病院や、大きめの整形外科を受診するのが良いでしょう。

【ぎっくり背中Q&A②】ぎっくり背中になったときはロキソニンは使ってもいいの?

ロキソニンは筋肉の損傷などの痛み症状を抑える効果が期待できるため、ぎっくり背中の症状にも痛み止めの効果が期待できます。

しかし、ロキソニンは痛みを抑える効果はある一方で、筋肉の回復をする作用はないため、ロキソニンの服用後に痛みがなくなったとしても、なるべく普段以上に安静にしておくことが必要です。

また、ロキソニンがぎっくり腰(ぎっくり背中)に効果が見込める場合と、そうでない場合もあるので、ロキソニンがぎっくり背中の痛みに効果がないときは、以下の記事を参考にしてみてください。

【ぎっくり背中Q&A③】ぎっくり背中になったときにマッサージは効果があるの?

ぎっくり背中へのマッサージは、タイミングによっては痛み症状が悪化するなどの悪影響となる可能性があります。ご自身での処置や、専門家でないご家族にマッサージしてもらうのはなるべく止めておくのが無難です。

もし、ぎっくり背中の対策としてマッサージをするのであれば、ぎっくり背中の痛み症状がある程度おさまってから、日頃から溜まった筋肉のコリを和らげてもらうために、整体院の先生などの専門家に行ってもらうのが良いでしょう。

慢性的にぎっくり背中の痛みが起きているようであれば、週1回〜月2、3回など、定期的に整体院に通うなどして、身体の筋肉のケアを行う習慣を持てるようにしましょう。

【ぎっくり背中Q&A④】ぎっくり背中にコルセットを使うのは効果があるの?

一般的なコルセットは主に腰部の負担を軽減することを目的に使用されるものが多いです。そのため、ぎっくり背中になったからといって、コルセットを使用しても、症状の改善はあまり期待できないでしょう。

ただし、ぎっくり背中の痛み症状の原因が、腰部の筋肉にある場合であれば、コルセットの使用が効果が期待できる場合もあります。筋肉のつながりは複雑にリンクしているため、整体院の先生など専門家の方の意見を聞いてからコルセットを使用するようにしましょう。

【ぎっくり背中Q&A⑤】ぎっくり背中に一番効果のある治療法はどんなもの?

ぎっくり背中の症状を改善させるために一番大事なことは、ストレッチや運動の習慣を持つなどして、普段から筋肉の状態を健康に保っておくことです。

ただ、すでにぎっくり背中の痛みが慢性化していて、痛みのせいで生活がどうにもならないと言う方は、筋肉の痛みを除去するために開発されたメディカルイオンシートを一度試してみるのも良いでしょう。

ぎっくり腰ならぬぎっくり背中?ぎっくり背中の本当の原因とは?まとめ

今回の記事では、ぎっくり背中の症状と本当の原因、対処方法についてお伝えしました。ぎっくり腰だけでなくぎっくり背中も、急な痛み症状の原因は、日常生活のなかで姿勢が悪かったり、運動不足などで蓄積する筋肉の凝りに原因があるようです。

そのため、ぎっくり背中に予防するには、普段から正しい姿勢や、適度な運動やストレッチで筋肉の柔軟性を高めていくことが大切です。

ミヤネおばさんミヤネおばさん

背中への激しい痛みが続いている方は、当サイト推奨のイオンシートもぜひお試しください。貼るだけで“アッ”という間に痛みが消える特許庁認定のメディカルイオンシートです。

イオンシートについてもう少し詳しく知りたいという方は、実際にイオンシートを使った方の体験談を載せています。背中の痛みをきちんと完治させたいというかたは、こちらもぜひチェックしてみてください。