ぎっくり腰の痛み止めにはロキソニンが効果あり?

ぎっくり腰になると、とんでもない激痛でろくに動けないような時間が何日も過ぎていってしまいますよね。

そんなときにはぎっくり腰の痛みを抑えられるよう、ロキソニンを飲んでみるのが良いかもしれません。ロキソニンは、最近は薬局でも手軽に購入できるようになったことで注目度が高くなっています。わざわざ病院までいって長時間待たされずにお薬を手に入れられるのはありがたいですよね。

ロキソニンは、腰痛や頭痛、筋肉痛や関節痛など幅広く、痛み症状を緩和する効果が望める消炎鎮痛剤です。しかしそんなロキソニンでも、ぎっくり腰の激痛の緩和に効果が見込める場合と、まったく効果がない場合もあります。この違いは、ロキソニンが痛み症状を緩和するメカニズムに理由があります。

この記事では、どうしてロキソニンが痛みに効くのかというメカニズムをご紹介し、ぎっくり腰にロキソニンが効果的である場合とそうでない場合の違いについて説明していきます。ロキソニンの作用を知り、ぎっくり腰の痛み止めとしてぜひ上手く使えるようにしてみてください。

ロキソニンがぎっくり腰の痛みを抑えられるのはなぜ?

そもそも、ぎっくり腰になるとなぜ患部が痛むのか、このメカニズムをご存知でしょうか?

ぎっくり腰の痛みは、傷ついた筋細胞を修復するための炎症作用によって起こるものです。炎症とは、生体内の免疫反応の1つで、傷ついた患部を回復させるために、血流を活性化させ細胞の代謝を促します。炎症が発生すると、患部の治癒に集中できるよう生体に安静を促すため、同時に痛みの原因物質が発生します。

ぎっくり腰自体の詳細メカニズムについては、こちらの記事で詳細を説明しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ぎっくり腰の痛みの原因が炎症であるのに対し、ロキソニンは消炎鎮痛剤という名前の通り、炎症を抑えて痛みの症状をなくすという効果が見込める薬です。次からは、このロキソニンが炎症を抑えるメカニズムについて詳細を説明していきます。

ロキソニンがぎっくり腰の痛みを抑えるメカニズムとは

ロキソニンは市販されている商品名で、正式名称はロキソプロフェンと言い、非ステロイド性抗炎症薬に分類されます。

非ステロイド性抗炎症薬には、ロキソニン以外にもアスピリンやボルタレンなどがあります。これらの物質はいずれも解熱作用や、痛み止め成分として用いられるものですが、イメージとしてはロキソニンは何にでも効きやすい鎮痛剤、アスピリンは気管支炎などの症状に、ボルタレンは痛み症状があまりにも強い時に使う薬といったイメージを持っておくと良いでしょう。

また、そもそもステロイドという言葉に馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんが、ステロイド薬はウィルスを殺したり免疫機能を抑える働きがあり、病気のそもそもの原因を予防する根本治療を目的とした薬です。一方で非ステロイド薬は、病気になったときに副次的に発生する炎症や痛み、咳、熱などの症状を抑える対症療法的な働きをします。

つまり、非ステロイド薬であるロキソニンを使用すると、ぎっくり腰の痛みの原因を直接治せるわけではなく、痛みそのものをおさえる作用が期待できるということです。なお、ここでは余談となりますが、ステロイド薬は病気の根本原因やウィルスを無くす効果が見込めますが、効果が強すぎるために副作用が大きくなりやすい薬です。

対症療法的に使われるロキソニンが痛みを抑えるメカニズムは、炎症によって発生するプロスタグランジンという痛みの原因物質を抑える作用にあります。痛みの原因物質であるプロスタグランジンは、患部が傷ついた際にシクロオキゲナーゼという物質が活性化することで生成されるのですが、ロキソニンはこのシクロオキシゲナーゼという物質と化学的拮抗を起こすことで、プロスタグランジンの発生を抑えます。

少し難しい説明になってしまいましたが、ロキソニンは炎症が起こった時に発生する痛みの原因物質が発生するのを抑える、と言うことまずは理解しておければOKです。

逆に、炎症以外の痛みにはロキソニンは作用しないということも重要なポイントです。その場合は痛みの原因がぎっくり腰でなく、骨折や狭窄症などの別の原因である可能性がありますので、すぐに近くの整形外科を受診しましょう。

ロキソニンの使用量にご注意!ロキソニンの副作用とは

幅広く痛み症状を抑えてくれるロキソニンですが、むやみに多用すると様々な副作用が起きる危険性のある薬でもあります。ロキソニンを飲んでもぎっくり腰の痛みがなかなか引かないからといって、お医者さんや薬剤師さんから処方・指示された量以上を服用するのは厳禁です。

以下ではロキソニンの代表的な副作用を紹介しますが、副作用が強くあまりにも症状が辛い場合には、お医者さんや薬剤師さんに相談し、別の薬に変えてもらうなどの対処をしましょう。

ロキソニンの副作用①胃が痛くなる

ロキソニンを飲むと胃が痛くなるのは、多くの方がご存知ではないでしょうか。ロキソニンは痛みの原因物質であるプロスタグランジンを生み出すシクロオキシゲナーゼの働きを阻害するのと同時に、胃酸から胃を保護する物質を生み出す酵素の働きも邪魔してしまうからなのです。胃が痛むと、食欲も落ちてしまいますから、普段通りの日常生活を送るのが難しくなってしまいますよね。

しかし、一般的に、医師や薬剤師がロキソニンを処方する際には胃薬と一緒に出してくれます。また、薬局で購入できるロキソニンにも、同時に胃酸の分泌を抑える作用がある成分が入っているなど、ロキソニンの副作用である胃痛が起こりにくくなるように工夫されています。

それでも、副作用を抑える成分が個人によっては効きにくいこともあります。せっかくぎっくり腰の痛みを和らげるためにロキソニンを飲んだのに、今度は胃が痛いという皮肉なことになったときは、ロキソニンを処方してくれた医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ロキソニンの副作用③眠くなる

「ロキソニンを飲むと眠くなる」、「ロキソニンを飲んだ後は運転は控えましょう」といった言葉はよく聞きますよね。しかし、ロキソニン自体には直接的に眠気を誘うような作用はないのです。ではなぜロキソニンを飲むと実際に眠くなってしまうのでしょうか?

原因には諸説ありますが、ロキソニンには鎮痛作用があるため、ロキソニンを飲んで痛み症状が治まると、脳が安心して眠気が引き起こされるとも言われています。痛みが治まって、危機が去ったと判断した脳がリラックス状態になると、身体も緊張状態がとけ、眠気が起きるというわけです。これは、外で楽しく遊んで家に帰ってきて、ソファに座ってテレビをつけた途端に眠たくなったという状態と同じ原理です。

ロキソニンによってぎっくり腰の痛みが治まったとしても、患部の炎症が治まっているわけではないので、もしロキソニンを飲んで眠くなった場合はなるべくそのまま安静にしているのがオススメです。ぎっくり腰の痛みが残っているときにむやみに身体を動かすと、余計に炎症を広げてしまう危険性がありますので、安静にして症状が緩和するのを待ちましょう。

緊急の仕事などでどうしても動かなければいけないといった場面もあるかもしれませんが、身体の健康を第一にできるようにしてみてください。

ロキソニンの副作用②肝機能の低下

ロキソニンによって起こる3つめの副作用は肝機能の低下です。ロキソニンの成分は体内に入ると肝臓で分解され、血液にのって身体の各部へと運ばれます。この成分が患部に届くと痛み症状を緩和できるのです。

しかし、このロキソニンの分解作業には肝臓に負担がかかりすぎるという側面もあるのです。この負担が大きすぎる場合には肝臓が低下し、肝機能障害になることもあります。肝臓の機能は、薬剤やアルコールなどの体内に入ってきた必要以上のエネルギーを無害な物質に分解するもので、個人ごとの物質を分解できるキャパシティは決まっています。お酒を飲んでも全然酔わなかったり、1口目でもうダメという人がいるのはこの肝機能の違いです。

そのため、ロキソニンを服用した際にも人によっては、肝臓の分解できる量を超えてしまい肝機能障害といった症状が起きることがあるのです。普段からお酒に弱いといった方や、暴食などで肝機能が低下している方はロキソニンの服用には注意が必要です。

もし、ロキソニンを服用した際に、嘔吐感や頭痛、倦怠感などが強くなったときは、ロキソニンの分解時に肝臓が大きなダメージを負っている可能性があるので、すぐにお近くの医師や薬剤師に相談しましょう。

ロキソニンにはどんな種類があるの?内服薬や外用薬の違いは?

ロキソニンには、口から飲んで服用するタイプの内服薬と、患部に貼るシートタイプ、直接塗るジェルタイプの外用薬があります。シートタイプのものはロキソニンテープという名前でよく知られていますよね。内服薬と同じく、シートタイプもジェルタイプのものも薬局にて市販されています。

ではぎっくり腰になったときは、どのタイプのロキソニンが痛み症状を抑えるのに良いのでしょうか?

実は、ぎっくり腰の痛みを抑える目的であれば、シートタイプ、ジェルタイプの外用薬の方が即効性があり高い効果が見込めます。ロキソニンは肌からも吸収されるので、痛み症状が起こっている患部に直接届くため、服用し胃、肝臓、血液を経由して患部に届く内服薬よりも、外用薬の方が早く効果が出やすいです。ぎっくり腰で痛みの原因箇所が明確にわかるときは、直接ロキソニンが届く外用薬を選ぶのが良いでしょう。

一方でぎっくり腰の痛みが身体の広範囲にわたっている場合には、体内から患部に働きかけられる内服薬の方がいい場合もあります。内服薬と外用薬のどちらが良いかご自身で判断にしにくい場合には、医師や薬剤師に相談して適切なものを選んでもらいましょう。

ぎっくり腰にはロキソニンが効果あり?ロキソニンがぎっくり腰の激痛を抑えるメカニズムとはまとめ

今回の記事では、ぎっくり腰になった際に、ロキソニンがぎっくり腰の痛み症状をおさえるメカニズムや、ロキソニンの副作用、ぎっくり腰にはどのタイプのロキソニンが良いのかをお伝えしました。

ぎっくり腰の痛みがあまりにも酷い場合にはロキソニンを飲めば痛み症状の緩和が見込めますので、用法用量を守って適切なロキソニンを服用できるようにしましょう。