ぎっくり腰が完治しない根本的な原因とは?

突然、腰に激痛が走る「ぎっくり腰」。辛い症状を経験して、良くなっても「またぎっくり腰になったら・・・」と再発の不安や恐怖感を抱く方も多いのではないでしょうか?

ぎっくり腰は、多くの骨、関節、筋肉が複雑に絡み合って起こるものです。

そのため、実際はどの箇所が痛みの本当の原因となっているかを特定するのが難しく、それぞれの原因に適した治療を行わなければ、ぎっくり腰を完治されられないばかりか、さらに痛みの症状を悪化させてしまうことさえあります。

ちなみに、日本整形外科学会と日本腰痛学会による「腰痛診療ガイドライン」によると、腰痛の85%は原因不明とされているのですが、ぎっくり腰の場合は、症状が完治しない根本的な原因が、筋肉に蓄積した「疲労」にあると考えられています。

では、なぜ筋肉の疲労がぎっくり腰が完治しない原因につながるのでしょうか?

今回の記事では、ぎっくり腰が完治しない原因を説明するために、ぎっくり腰の痛みの原因や、筋肉疲労の原因、ぎっくり腰を繰り返さないための予防方法についてお伝えしていきます。

ぎっくり腰になるとどのような症状が起こるの?

一度なってしまうとなかなか完治しにくいぎっくり腰。そもそもぎっくり腰とはどのような症状を指すのでしょうか?

・何もしてないのに急に腰が痛くなってしまった
・腰が痛くすぎてまっすぐに伸ばせない
・腰が痛くて自然と曲がってしまう
・しゃがんだ姿勢から立ち上がったら急に腰が痛くなった
・ベッドや布団から起きる時に腰が痛い
・朝起きたら劇的に腰が痛い

こういった症状は、典型的なぎっくり腰の例です。ぎっくり腰は、腰部に突然の激痛が走ることから「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」とも呼ばれています。

ぎっくり腰の痛みの特徴としては「腰をトントンと叩いて和らげたくなるようなにぶい痛みや違和感」ではなく、「動かすこともできないくらいの激しい痛み」です。そのような症状であれば、なかなか完治しにくいぎっくり腰である可能性があります。

なかなか完治しないぎっくり腰が起こる原因は?

症状がなかなか完治しないぎっくり腰の痛みの症状には、筋・筋膜性腰痛症(きん・きんまくせいようつうしょう)腰椎捻挫(ようついねんざ)の2つの原因があると考えられています。ここではその2つのメカニズムをまず説明していきます。

ぎっくり腰の痛みの原因その①筋・筋膜性腰痛症

筋・筋膜性腰痛症とは、日頃の運動不足で筋肉が弱っていたり、急な大きな負荷で筋肉が損傷すると、筋肉の表面を覆っている「筋膜(きんまく)」という繊維組織が磨耗すると、腰の筋肉・筋膜に炎症が起こり、結果として痛み症状を発症することを言います。この症状はいわゆる「肉離れ」と同じ原理です。

筋・筋膜性腰痛症は、デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ体勢をとっていたり、スポーツや肉体労働などで急な大きな負荷がかかると、起こりやすい症状です。

筋・筋膜性腰痛症の原因は、一般的には腰部にある「大腰筋(だいようきん)の疲労」によるものと言われています。大腰筋とは、背骨と両足の付け根を結ぶ筋肉のことで、太ももをもちあげたり、ボールを蹴るときや、階段を上るときの足を上げる動作に関わる筋肉です。

そのため、腰をひねったり動かす動作以外にも、足を持ち上げる動作でも特に強い痛みが生じる場合は、大腰筋が傷ついていることが原因である筋・筋膜性腰痛症の可能性があると考えられます。

ぎっくり腰の痛みの原因その②腰椎捻挫

ぎっくり腰の痛みがなかなか完治しない場合には、患部の関節が捻挫の症状が起こしている可能性があります。ぎっくり腰の場合には、腰部にある腰椎(ようつい)が捻挫を起こす腰痛捻挫と呼ばれます。

捻挫とは、骨と骨をつなぐ関節部分が傷つく症状のことで、関節の可動域を超えた動作をしようとすると起こりやすくなります。

みなさんも一度は経験したことがあるかと思いますが、走っているときに足首が「グキッ!」っとなり捻ってしまったというのも捻挫の症状です。腰部の関節は、普段あまり意識しない部位ですから、足首とは違い少しイメージしづらいかもしれませんが、この腰椎捻挫も足首の捻挫と原理は同じものです。

この腰椎捻挫の症状がある場合には、腰部にある関節部位の筋肉や靭帯(じんたい)の損傷が起こっているとされます。

腰は、体全体の土台となるところなので、腰の痛みが起こらないように庇っていても、ちょっとした動作で痛み症状が出やすくなります。ベッドに寝たまま寝返りをしたり、少し身体を動かすだけでも腰部が痛むときには、そのぎっくり腰の原因には、腰椎捻挫の可能性があるでしょう。

一度なってしまったらぎっくり腰は完治しないの?

ここまでで、ぎっくり腰の痛みの原因についてお伝えしましたが、ぎっくり腰を一度経験されたことのある方は、「せっかく治ったと思ったのにまたぎっくり腰になってしまった・・・!」と、ぎっくり腰を繰り返している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ぎっくり腰は一度なってしまうとなかなか完治しにくいイメージがありますよね。ぎっくり腰が完治しにくい原因は、ぎっくり腰の症状がクセになりやすいものであるからです。

腰の関節を制御している筋肉や、関節の運動を滑らかにする靭帯と呼ばれる繊維組織は、一度伸びたり傷ついてしまうと、元の状態にはもどりにくくなります。

このような筋肉や靭帯についてしまったクセは、本来の身体の正常な動きとは異なる負担をかけやすくするものですから、ぎっくり腰の根本的な原因である余計な筋肉疲労を蓄積しやすくなってしまうのです。

そのため、繰り返しぎっくり腰にならないようにするためには、腰に負担がかかりにくい体を普段から作っていくことが重要なのです。

なかなか完治しないぎっくり腰を繰り返させない予防法とは?

なかなか完治しないぎっくり腰の根本的な原因は、普段の生活習慣のなかにあります。ここでは、そんなぎっくり腰を繰り返させないための予防方法ををお伝えしていきます。

筋・筋膜性腰痛症、腰椎捻挫の大きな原因は、

・負荷のかかりやすい姿勢による骨格や筋肉のねじれ
・過剰な冷房などによる筋肉や内臓の冷え
・運動不足による足腰の筋肉やバランスの低下

であると考えられています。そのため、ここではこの3つの原因を予防するためのおすすめ方法をご紹介します。

ぎっくり腰の予防法①なるべく高めの椅子に座り姿勢を正す

実は、立っている時より、座っているときの方が腰への大きな負担がかかっています。そのため、座っているときの姿勢を正しく直すことで、腰への負担を軽減させ、ぎっくり腰を予防することができます。

好みの問題はありますが、高めの椅子に座ると正しい姿勢を保ちやすくなります。高さが調整できる椅子であれば、椅子の高さはかかとがちょうど地面に着くくらいに設定しましょう。また肘掛けがついていて、肘掛けの高さも調整できる椅子であれば、肘掛けの高さを机の高さと合わせると身体への負担を軽減できます。

高さが調整できない低めの椅子の場合であれば、椅子ぬ浅めに腰掛け、クッションを用いたりして高さを調整して、良い姿勢を保てるよう工夫してみてください

ぎっくり腰の予防法②湯船にはゆっくりと浸かり腰やお腹周りを温める

過剰な冷房によって体内温度が下がっていると、筋肉の硬化、内臓機能の低下、血行が悪くなるなど、ぎっくり腰を再発させやすくする要因になります。

そのため、これらの冷えからくるぎっくり腰の原因を予防するために、お風呂に入るときは40〜43度くらいの少し温かめの湯船に浸かるようにしましょう。体内まで温まるよう20分程度は肩まで湯船に浸かり、冷えを感じている箇所があればマッサージなどをして血行をよくできるようにするのが効果的です。

ぎっくり腰の予防法③適度な運動やストレッチをする習慣を持つ

定期的な運動習慣を持っていないと、腰の周りの筋肉が硬くなる原因となり、ぎっくり腰を再発させる原因となります。

定期的に適度な運動やストレッチを行い筋肉に負荷をかけることで、血行の流れが良くなるため、筋肉がほぐれてぎっくり腰の予防効果が期待できます。

ぎっくり腰の予防に効果的なストレッチ方法としては、

・アキレス腱を伸ばす運動

・腰から足に負荷をかけられる屈伸やスクワット

・仰向けになった状態で、片方の膝を両手で抱え持ちながらお腹につける運動

などが良いでしょう。

柔軟性が低下している身体だと無理に高い負荷がかかる運動やストレッチをすると、筋肉を余計に傷つけてしまうため、痛みのない範囲でストレッチしていくのが良いでしょう。

一人では運動する習慣を続けられないという方は、ホットヨガやスイミング、ダンスなどで先生に教えてもらいながら定期的に運動ができる教室に通うのもおすすめです。

ぎっくり腰が完治しない根本的な原因とは?まとめ

今回の記事では、ぎっくり腰が完治しない根本的な原因と、ぎっくり腰が再発しないようにするための予防方法について説明しました。

ぎっくり腰が繰り返していまう根本的な原因は、筋肉に蓄積した疲労が原因となっている可能性が高いため、ぎっくり腰を予防するためには、普段の生活動作や姿勢、適度なストレッチといった軽い運動で「腰に負担をかけにくい体」を作っていくことが大切です。ぜひ参考にしてみてください。