ぎっくり腰,病名

ぎっくり腰の正しい病名とは?!

ぎっくり腰と言えばおそらくほとんどの人がどんなものか想像つくと思いますし、お医者さんにも『ぎっくり腰』で伝わりますが実はぎっくり腰は病名ではないと知っていましたか?

実はぎっくり腰とは病名ではなくて俗称・通称なんです。そして正式名称は『急性腰痛症』と言います。しかし、急性腰痛症も症状名でしかなくて病名ではありません。

急性腰痛症という症状を発する病気の代表的なもので『腰椎捻挫』や『脊椎圧迫骨折』、『椎間板ヘルニア』などがあって、これらが病名となります。

※症状名と病名の違いは例えば、症状名:発熱 ⇔ 病名:風邪、といったように病気の名前が病名(この例では風邪)でその病気の症状を表すのが症状名です(この例だと発熱)

ぎっくり腰,病名とは

つまり、ぎっくり腰になった時はぎっくり腰という病気ではなくて、ぎっくり腰(正式名称;急性腰痛症)という症状を発症しているのです。

そして、ぎっくり腰になったということは『腰椎捻挫』や『脊椎圧迫骨折』という病名の病気になったということです。この中で、ぎっくり腰になった時に最も多いのは『腰椎捻挫』で腰の筋肉が捻挫している状態です。

※急性腰痛症について詳しく知りたい方、『腰椎捻挫』や『脊椎圧迫骨折』などの判断の仕方はこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。


正式名称が『急性腰痛症』だったり正しい病名がいくつかあるのにもかかわらず、なぜぎっくり腰と言うのか?ぎっくり腰と呼ばれるようになった経緯は?といったことを説明していきます。

また海外でもぎっくり腰に対して病名だけでなくて面白い俗称がつけられているので、そちらもご紹介しています。

病名や症状名の代わりに使われているぎっくり腰

痛いぎっくり腰

腰椎捻挫』や『脊椎圧迫骨折』などのちゃんとした病名があるし、病名でなくとも急性腰痛症という正しい症状名があるのにもかかわらず、ぎっくり腰という言葉の方が良く知られていますし使われていますよね?

これはおそらく腰に突然『ギクッ』という擬音語がぴったり当てはまるような強烈な痛みが襲ってくる様子が、短く分かりやすく表現している言葉が『ぎっくり腰』だからでしょう。

それに先ほどもお伝えしたように、ぎっくり腰あるいは急性腰痛症といっても病名は特定できず、『腰椎捻挫』『脊椎圧迫骨折』『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』といった様々な病名の病気があります。


ぎっくり腰を発症した時点ではお医者さんでもない限り、自分がどんな病名の病気になったのかは判別できないのが普通です。これは例えば発熱した時に風邪なのかインフルエンザなのか食中毒なのか医者に診てもらわないと正確に判断するのが難しいのと同じです

ですから、腰に何かの拍子で急に強烈な痛みが走った時には病名や正しい症状名ではなくて『ぎっくり腰』と表現するようになったのでしょう。

ぎっくり腰と呼ばれるようになった経緯

ぎっくり腰の由来,びっくり腰

ですが、ぎっくり腰という言葉はどのようにして生まれたのでしょうか?ぎっくりとはどういう意味を持っているのか?いつからぎっくり腰と呼ばれるようになったのでしょうか?

ぎっくり腰、もともとはびっくり腰?!

ぎっくり腰の由来は諸説あるのですが、有力説は江戸時代に既にぎっくり腰という言葉が使われていて、最初は『びっくり腰』と呼んでいたものが訛って『ぎっくり腰』と呼ばれるようになったというものです。

腰に突然に強烈な痛みが走るので、びっくりする!驚く!ということで『びっくり腰』と呼んでいたのかもしれません。ぎっくり腰よりもぎっくり腰になった時の様子をうまく表現できているような気もします。

そして江戸時代から病名ではなくて『びっくり腰』あるいは『ぎっくり腰』という俗称を使っていたということが分かります。昔から日本人にとって病名を使うよりも症状を分かりやすく表現する言葉が好まれているかもしれませんね。

”ぎっくり”は辞書に載っている言葉

ぎっくり,辞書

”ぎっくり”という言葉ですが、実は正式に辞書に載っている言葉なんです!文法的な話になってしまいますが、”ぎっくり”という副詞または擬態語として掲載されています

  • 例1 デジタル大辞泉の場合不意をつかれて驚き動揺するさま。
  • 例2 大辞林の場合不意をつかれて驚くさま

なので元々副詞として使われていた”ぎっくり”という言葉が症状を表すのにぴったりということで『ぎっくり腰』と呼ばれるようになったという説もあります。

昔は”ぎっくり腰”に病名はなかった?!

先ほども少し触れましたが、江戸時代のころから病名ではなくて『ぎっくり腰』という言葉が使われていたことが明らかになっています。しかし、そもそもぎっくり腰という症状に対してちゃんとした病名がついていなかったということも考えられます。

なぜなら江戸時代以前の日本では近隣諸国の影響から西洋医学ではなくて東洋医学の方が主流だったからです。(江戸時代の中期以降、杉田玄白が西洋医学を広めるまでは)


東洋医学と西洋医学には様々な違いがあるのですが、大きな違いの一つとして病名へのアプローチが全く違います。

西洋医学では細胞や遺伝子を検査して病気の原因を特定してから病名を必ずつけます。病名をつけてから治療を始めるのです。

なので病名がついている病気は得意で病名がついていないけど『なんとなく怠い』『なぜかは分からないけど痛みがある』といった病気を治療するのは不得意です。

一方で東洋医学(例えば漢方や鍼灸など)では病名をつけることにこだわらず、『だるい』『冷える』『むくみ』といった症状から治療法を見出して症状の改善を行っていきます。ですから病名がついていなくても症状が詳しく分かれば良いのです。

ぎっくり腰,東洋医学

昔の日本ではこの東洋医学が主流だったので、お医者さんも患者もぎっくり腰の病名には特にこだわらず、どんな症状なのか?ということに着目していたのでしょう。

だからぎっくり腰あるいはびっくり腰という分かりやすい呼び名さえあれば良かったですし、そもそも西洋医学の概念がなかったので『腰椎捻挫』とか『脊椎圧迫骨折』といった病名は無かったのかもしれません。

海外でぎっくり腰はなんという?病名は?

日本では病名ではなくて『ぎっくり腰』という俗称で呼ばれることが多いですが、実は西洋医学を主とする欧米諸国でもぎっくり腰に対して西洋の文化ならではのユニークな俗称があります。

ただし、もちろん正式な病名もありますし伝わらない可能性もあるので、病名も覚えて海外旅行や海外出張の際には万が一ぎっくり腰になってもお医者さんに俗称ではなくて病名や症状をしっかりと伝えられるようにしましょう!

海外での通称は『魔女の一撃』

ぎっくり腰,魔女の一撃

海外、特にドイツではぎっくり腰のことを『魔女の一撃』という俗称で呼ばれています。”魔女”というのがいかにも西洋の発想で面白いですよね。

腰に突然として襲い掛かってくる強烈な痛みが、まるで魔女にでも打たれたかのような衝撃ということで『魔女の一撃』と表現するそうです。

※ドイツ語ではHexenschuss(ヘキセンシュス)、英語ではwitch’s shot(ウィッチズ ショット)と言います


西洋医学では病名を必ずつけるのに、欧米諸国でこういった俗称があるということは『ぎっくり腰』が国や地域を超えて多くの人々を悩ませている普遍的な病気なのでしょう。

また身体の中心部である腰に急に強烈な痛みが襲い掛かってきて生活を脅かすので病名とは別に特別な名前を付けたくなるのかもしれませんね。

※魔女の一撃について由来などについてこちらの記事でさらに詳しく説明しています

ぎっくり腰の正しい病名を海外で伝えるには?

ぎっくり腰,英語

ぎっくり腰になった際に欧米諸国や英語圏ではwitch’s shotなどで伝わることもあると思いますが、日本でぎっくり腰が浸透しているように海外でも魔女の一撃が万人に伝わるとも限りませんので、しっかりと病名を覚えて伝えられるようにしましょう!

特に英語でのぎっくり腰の表現方法をいくつか覚えておけば、海外でぎっくり腰になった時に役に立ちますよ

  1. 1.ぎっくり腰かもと思ったら
    『I think I have a strained back』
  2. 2.腰がとても痛いことを伝えるなら
    I have a serious pain in my lower back
  3. 3.手短に腰痛と伝える場合
    back painもしくはbackache
  4. 4.腰痛を病名で伝える場合
    『Lumbago』
  5. 5.病名『腰椎捻挫』を英語で言うと
    『Lumbar sprain』
  6. 6.病名『椎間板ヘルニア』を英語で言うと
    『Slipped disc』
  7. 7.病名『脊椎圧迫骨折』を英語で言うと
    『compression fracture of spine』

これらの表現がありますので必要に応じて使い分けて伝えてみてくださいね。病名が良く分からず腰がとにかく痛い!という時は2番の『I have a serious pain in my lower back』か3番の『back painもしくはbackache』と伝えるのがおすすめです。