ぎっくり腰にコルセットは逆効果ってほんと?

ぎっくり腰になったときに痛みを和らげる目的でコルセットを購入したり、医師から処方されたことのある方も多いのではないでしょうか。

ぎっくり腰にコルセットは、骨盤や姿勢を正しい位置に矯正してくれるので、ぎっくり腰の痛みを和らげてくれる一方で、コルセットに頼りきりになると、筋肉が弱まってしまうというデメリットもあります。

そのため、ぎっくり腰になったときでも、いつでも長い時間コルセットを着けていれば良いというわけではなく、正しい使い方や着脱のタイミングを知っておくことが重要です。

今回の記事ではそんなコルセットについて、正しい使い方や、ぎっくり腰になったときにコルセットをつけるメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

ぎっくり腰になったときのコルセットの正しい使い方は?

ぎっくり腰になって始めてコルセットが必要になったという方は、そもそもコルセットにどのような効果があるのか、どこで買ったら良いのかすらわからないということもあるかと思います。

ここでは、ぎっくり腰になったときのコルセットの正しい使い方として、コルセット着用の効果、コルセットはいつまで着けていたら良いのか、コルセットはどこで購入したら良いのかを解説していきます。

コルセットの正しい使い方①コルセットにはどんな効果があるの?

そもそもぎっくり腰にコルセットをつけるとどのような効果が期待できるのでしょうか?

ぎっくり腰になった時のコルセットには次のような効果が期待できます。

  • 骨盤を正しい位置に矯正する
  • 傷ついた筋肉への負担を軽減する(痛みが減る)
  • 腰がサポートされることで精神的な安定感が得られる
  • 患部を固定して運動機能を制限する

この中でも特に重要なのが、運動機能を制限することです。コルセットをしていないと身体が動きすぎてしまうため、普段通りの生活をしていても、ぎっくり腰で傷ついた筋肉への追い討ちのダメージを与えてしまうことになります。

ぎっくり腰になった時に、まず一番大事なのは筋肉を休ませてあげられるように安静にすることです。

とはいえ、たとえ一日中家のベッドの上で安静にしていたとしても、お手洗いにいったり食事をとったりと最低限の行動は必要になりますよね。そういった日常生活上のちょっとした動作でも、筋肉への追い討ちのダメージになるのでぎっくり腰を悪化させてしまう原因となります。

筋肉がさらに傷つき続ければ、最悪の場合には筋肉の断裂や、脊椎の圧迫骨折を誘発してしまい、まったく動けなくなってしまうこともあります。そうなってしまえば、病院への入院も必要になるでしょう。

こうなってしまえば動けるようになるまで1週間どころか、何ヶ月もかかってしまうような症状になりますから、こういった最悪の事態を防ぐためにも、ぎっくり腰になってすぐの期間は、なるべくコルセットを着用しておくのが良いでしょう。

コルセットの正しい使い方②コルセットはいつまで着けておくのが良いの?

ぎっくり腰になると動けるようになるまで、平均的に3日〜1週間程度はかかると言われていますが、その後も筋肉へのダメージが完全に回復するまでにはさらに長い時間がかかります。

ぎっくり腰になってすぐの期間は、可能な限りコルセットを着けておくのが良いですが、ぎっくり腰の痛みが治まってきてからもじわじわとした痛み(疼痛)が続いている間はコルセットを着けておくのが良いでしょう。

ぎっくり腰は一度なってしまうと再発しやすくクセになる症状ではありますが、こういった回復期間にもコルセットを着用することで、筋肉への負担を軽減して完全回復までの期間をサポートしてあげることができます。

ただし、いつまでもコルセットを着け続けていると、患部の筋肉が弱くなってしまうというデメリットもあるため、痛みが治ってきたらコルセットの着用する時間を徐々に短くしていきましょう。

コルセットの正しい使い方③コルセットはどこで買うのが良いの?価格はどれくらい?

現在では、腰痛をサポートできるコルセットは一般的な薬局でも購入できますし、ネットでも探せば安くてそれなりのものも手に入ります。価格は、市販のモノでもピンからキリまでありますが、安いものでは1000円くらいから購入が可能です。

しかし、自分のぎっくり腰の症状や自身の体型にあったコルセットを選ばないと、ぎっくり腰の症状を緩和させるどころか、逆に傷ついた筋肉にさらに負荷をかけてしまい症状が悪化してしまう危険性もあります。

きちんと自分の症状にあったコルセットを手に入れたい方は、整形外科の医師や整体院の先生などに相談をするのが良いでしょう。病院などでコルセットを購入する場合には、保険適用が効きますので、相場としてはだいたい3000円前後で手に入れられます。

コルセットを使い続けると筋肉が弱まる?コルセット着用のデメリットは?

コルセットは自分にあったモノを選び、正しく使用すればぎっくり腰の回復を早める効果が期待できますが、自分に合っていないサイズを選んだり間違った使い方をすると、ぎっくり腰の症状を悪化させることも起こります。

特に気をつけたいのが、ぎっくり腰の症状が治ってきてからもコルセットを使用し続けると、腰回りの筋肉が弱ってきてしまい、逆にまたぎっくり腰が再発するリスクを高めてしまう点です。

例えば、自分の骨を守るために腰や背中に、もう一本の新しい骨を加えてみたらどうなるでしょう?最初のうちはお互いに負荷を分散させてうまく共存できるのですが、時間が経過して慣れてくると、今までの骨や筋肉たちは働くことをサボりはじめてどんどんと弱くなっていってしまいます。

コルセットを着用し続けることのデメリットがまさにこれで、ぎっくり腰から回復してからも長期間コルセットを着用し続けると、自分の骨や筋肉がどんどん弱くなっていってしまうのです。具体的には腹筋や背筋といった体幹をサポートする筋肉が弱くなっていきます

ですので、コルセットはぎっくり腰の症状が治るまでは着用しておくのが良いですが、症状が完治してからの着用はあまりオススメはできません。

コルセットには姿勢矯正などの効果も期待できるので、日常的に使用し続けたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、できる限りは、コルセット無しでも骨盤や筋肉に負担のかかりにくい正しい姿勢を身につけられるようにしていくのが良いでしょう。

正しい姿勢を身につけるには、近所の評判の良い整体院や整骨院を受診したり、ヨガやピラティスなど健康的な筋肉と骨を作れる運動週間を作るのがオススメです。

姿勢というのは意識していないと、だんだんと悪くなっていきがちなものですから、姿勢を正しく矯正するための時間を習慣化していけるのが良いですね。

ぎっくり腰にコルセットは逆効果?!コルセットの正しい使い方教えます!まとめ

今回の記事では、ぎっくり腰になったときはそれ以上症状を悪化させないようにコルセットを着用することが効果的であることを説明しました。

一方で、ぎっくり腰が完治した後もコルセットを着用し続けると体幹をサポートする筋肉がだんだんと弱まっていってしまうため、痛みが完全になくなったらコルセットの着用は避けるのが良いでしょう。

コルセットを着用していると、一時的には筋肉への負担が軽減されるため楽に感じるかもしれませんが、ぎっくり腰の根本的な原因を解決していくには、腰回りの筋力を強化したり柔軟性を上げていくことが重要です。日頃の運動習慣を持つなどして、あまりコルセットに依存しすぎないようにしていきましょう。