ぎっくり腰で腰が痛むときでも寝るときはコルセットを外した方が良い?

ぎっくり腰になったとき痛みを和らげる目的でコルセットはとても便利ですよね。

コルセットを着けていると動きが制限されるので、腰に負担のかかる動作がしにくくなるので、自然と痛みを感じる回数も少なくなります。

普段からぎっくり腰になりやすかったり、慢性的な腰痛に悩んでいる方のなかには「コルセットは必需品!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 仕事をするときは常にコルセットが手放せない
  • コルセットをしていないと日常生活も辛い
  • コルセットをしていた方が身体が楽

と感じている方もいるかもしれませんね。

しかし、ぎっくり腰の痛みを抑えるのにこんなに便利そうなコルセットですが、コルセットを着け続けていると、ぎっくり腰の身体に思わぬ悪影響を与えてしまうことがあります。

みなさんは「寝るときにも着けっぱなしにしていても良いのだろうか?」と疑問に感じたことはないでしょうか。

起きているときにも痛みを和らげてくれる効果のあるものだし、寝ているときも着けておいた方が良いんじゃないかなとも思うかもしれませんね。

しかしながら、実はコルセットは寝るときにも着けっぱなしにしておくのはNGなのです。

今回の記事ではぎっくり腰になったとき、この、寝るときはコルセットを外しておいた方がいい理由を解説していきます。

寝るときはコルセットを外しておいた方が良い理由

ぎっくり腰で腰が痛むときでも、寝るときにはコルセットを外しておいた方が良い理由は、通気性が悪いのでかぶれの原因になる、腰を圧迫し続けてしまい血行が悪くなる、逆に筋肉の回復を邪魔してしまうなど、様々なものがあります。

こちらではそんな寝るときにコルセットを外した方が良い詳細な理由やメカニズムを解説していきます。

寝るときコルセットを外しておく理由①コルセットは寝る姿勢に対応してない

そもそもコルセットには、寝るときの姿勢を補助する機能はありません。コルセットが身体を補助する機能があるのは、立って動いているときや座っているときです。

また、寝ているときは基本的に身体を動かさなければ、筋肉も刺激されないため、痛みの症状は出ないはずです。もし筋肉が痛むとしても、寝返りをうつタイミングや、夜起きてお手洗いにいくタイミングくらいでしょう。

コルセットは常に装着していると、腹筋や背筋など腰回りの筋肉を圧迫して、筋肉の回復を邪魔してしまうというデメリットもあります。そのため、そのような夜寝てからの、ちょっとしたタイミングで腰回りが痛むのはなるべく我慢して、寝る前にはきちんとコルセットを外しておきたいですね。

寝ている姿勢のときにも筋肉が痛いという方は、コルセットで腰をサポートするのではなく、抱き枕などを腰の下に入れるなど別の方法で腰周りの筋肉をサポートしてあげましょう。ベッドと腰の間に柔らかいものを入れてあげるだけでも、腰への負担がかなり抑えられます。

寝るときコルセットを外しておく理由②血行が悪くなりぎっくり腰が長引く

コルセットを着用し続けると、患部を圧迫して血流が悪くなる原因になります。

ぎっくり腰で腰回りの筋肉や関節が傷ついているときには、患部の回復をはかるために炎症作用という免疫反応が起きているのですが、この炎症作用は患部の血流を促進して、傷ついた細胞を別の新しい細胞に代謝するための仕組みです。

血流は、そうした傷ついた細胞を代謝したり、傷ついた筋肉や関節を回復させるための栄養素ですから、コルセットで患部を圧迫し続けるのは、逆にぎっくり腰を悪化させたり、長引かせてしまうリスクにもなってしまいます。

また、寝ている間中ずっと身体を圧迫していると、筋肉と筋膜を癒着させてしまう原因にもなります。筋肉と筋膜がスムーズさが筋肉の柔軟性でもありますので、筋膜の癒着が起きないよう、寝るときにはコルセットを外すようにしておきましょう。

寝るときコルセットを外しておく理由③あせもなど肌がかぶれる原因になる

寝ているときは身体の代謝が高まり、汗をたくさんかきますから、通気性の悪いコルセットを着けっぱなしにしていると、あせもなどの肌がかぶれる原因にもなります。

ぎっくり腰を早く治すためのコルセットなのに、コルセットが原因であせもやかぶれなどのまた別の悩むが増えてしまったら困りますよね。

汗などで水分が身体にこもってしまうと、身体全身の体温調整が上手くいかなくなるので、血行が悪化してぎっくり腰で傷ついた筋肉の回復が遅くなる原因にもなるので注意が必要です。

そのため、コルセットは、基本的には1日中着けっぱなしにしておかないことがオススメです。寝ているとき以外でもコルセットを着けている腰回りなどに汗をかいて痒くなってきたというようなタイミングには、一度コルセットを外して、腰回りの汗を拭く、空気にさらして通気性を確保するなどの工夫を行ないましう。

寝るときコルセットを外しておく理由④睡眠の質が悪くなる

夜寝るときにはパジャマに着替えるなど、身体への締め付けが少ない服装を選びますよね。これは夜寝ているときに身体への締め付けがきつい服装のままだと、締め付けが身体へのストレスの原因となり睡眠の質が悪くなってしまうためです。

コルセットを着けていると身体の柔軟性も下がりますし、体温調整をしやすくするための通気性が重視された設計になっているわけではありません。

睡眠中にもコルセットを着けていると、知らず知らずのうちに身体が圧迫されて睡眠の質が悪くなる原因となるので、寝るときにはコルセットを外すようにしましょう。

寝るときにコルセットは外した方が良い?まとめ

今回の記事では、寝るときはコルセットを外した方が良い理由を4つ紹介しました。

コルセットをしていると痛みが少なくなり、普段からずっと着け続けていたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、コルセットも使い続けることによるデメリットがあることも理解して、正しい使い方を実践していきましょう。

また、ぎっくり腰になったときのコルセット正しい使い方や効果についてはこちらの記事でさらに詳しく紹介しているので、コルセットの正しい使い方が気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。