ぎっくり腰になった時、お風呂に入るのはちょっと待って!入ってもいい時と、ダメな時があります。

ぎっくり腰での入浴方法

ぎっくり腰になると、

  • 「お風呂へ入っても良いの?」
  • 「痛みが弱い場合は入るべき?」
  • 「長風呂は良くない?」

など、入浴について迷う方は多いと思います。中にはそもそも冷やすべきなのか、温めるべきなのかと疑問をお持ちの方もいるかもしれません。ということで今回は、ぎっくり腰になった際の入浴について解説していきます。

ぎっくり腰での入浴は注意が必要!

ぎっくり腰,お風呂場

まず大原則として、ぎっくり腰になった際は入浴はしないほうがいい!です。
ただ、ぎっくり腰の状況によっては温めた方がいい時もありますので、その見極めについても解説していきます。

じんわりと患部を温めるのはイメージ的には良い気がしますが、痛みが強い時は温めないほうがいいんです。ぎっくり腰の痛みというのは、簡単に言うと腰が炎症を起こしている状態です。もっとわかりやすく言えば、腰の神経、筋肉が体の中で怪我をしているという状態なんです。

このように言い換えるとなんとなくお分かりいただけるかと思いますが、例えば怪我をして出血している、腫れている場合、そんな時に患部を温めようと思いますでしょうか?もし怪我している部分を温めてしまったら血の巡りがよくなって、いっそう痛みが増してしまいますよね。

実はぎっくり腰の痛みも、これと同様なんです。もちろん場合にもよるのですが、入浴することでぎっくり腰が悪化してしまうことがあるので、基本的に入浴はしないほうがよい、ということだけは覚えておいてください。

ぎっくり腰でお風呂に入る時は、時期を見極めてから!

ぎっくり腰の入浴

入浴しない、温めないというのは前提ですが、場合によっては温めたほうがいい時もあるということですが、実際に入浴をしてもいいのはいつからでしょうか?

ぎっくり腰の痛みに限らず、怪我でもそうですが、痛みは基本的には2つの種類、急性期と慢性期があるんです。

明確な定義は諸説があり、ここで断定することはできないのですが、だいたい痛みを感じてから2〜3日間が急性期、それ以降で痛みがある時期を慢性期と考えてください。この時期の見極めは医師によっても違いがあり、必ずしも上記の通りではないことをご了承ください。

ここではこの2つの時期に関して、入浴をしてはいけないのはいつか、してもいいのはいつか、について解説をしていきます。

急性期はお風呂に入らない方がいい!

ぎっくり腰の時はシャワー

急性期は、簡単に言うと怪我のしたてと同じで、一番痛みが強く、炎症もひどい状態の時期となります。その際は、前述のとおり入浴をするべきではありません

急性期は炎症を抑え最小限にすることが重要ですので、入浴はせず、シャワー程度ですませるようにしましょう

しかしながらシャワーでも患部に長くあてすぎると温めているのと同じことになってしまいますので、シャワーだとしても軽く浴びてすばやく済ませるようにしましょう。理想としては身体を拭くくらいがちょうどよいのですが、どうしてもという場合はこれらのことに注意してください。

また、これはぎっくり腰になった時、常に言えることですが、シャワーを浴びる際も姿勢には細心の注意を払い、腰を屈めたりしゃがむ姿勢をとるこのは絶対にやめましょう

ぎっくり腰になった際のおすすめの姿勢、NG姿勢はこちらのページを参考にしてください。

慢性期はお風呂に入っても大丈夫

ぎっくり腰,入浴中

痛みの強い急性期を過ぎると、慢性期という期間に分類されます。この時期は、急性期ほどの痛みはないですが、少し動かすと痛みがあり、また、すぐに再発する可能性が非常に高い時期でもあります。ぎっくり腰は慢性化もしやすいので、適切な処置を行いできる限り早く痛みから脱するようにしましょう。

急性期では炎症を抑えることが重要であると述べましたが、慢性期の場合は違います。 慢性期は炎症自体は治っていますので、ここからは回復を促進していくことが必要となっていきます。

この期間になれば、入浴も効果が出てきます。入浴することで血行は促進されますので、温められると筋肉は弛緩し、痛みが和らいでいきます。ぎっくり腰で動かせなかった筋肉が硬くなっていると、周囲の血管が圧迫され結果的に血行不良を引き起こし筋肉の疲労を回復できずにいつまでも痛みが続いていまいます。

ですので、慢性期の処置は患部を温めることで代謝を促進し、組織の回復を促すことが大事です。

もし入浴でぎっくり腰が悪化したら、すぐに入浴を中止しましょう!

ぎっくり腰,お風呂

慢性期に入ったから大丈夫だろう・・・そう思って入浴したら、腰の痛みがぶり返した、ということも、あるかもしれません。そんな時はすぐに入浴を中止しましょう

急性期は2〜3日と述べましたが、人によっては長く続く場合もあり、時間が経ったとしても炎症が治まっていない可能性もあります。炎症が治まっていない状態での入浴は血行が促進され炎症が活発になってしまうことになるので痛みが増してくる、ということですね。

痛みの程度で急性期、慢性期を判断するのは難しいことがありますので、その場合は必ず医師に相談しましょう

普段からの入浴であれば、ぎっくり腰の予防になる!

ぎっくり腰,入浴はいつから

ぎっくり腰での入浴は注意が必要だということを解説してきましたが、ぎっくり腰になる前、予防としての入浴は非常に効果があります

ぎっくり腰の最大の原因のひとつは「身体の冷え」と言われております。なんとなくですが、冬の方がぎっくり腰になりやすい、というイメージがありませんか?だからこそ冬は身体が冷えないようにと毎日入浴すると思いますが、夏はシャワーですませてしまったり、また、エアコンが強すぎたりということで、夏も身体が冷える要素がいたるところにあり、それが原因でぎっくり腰になってしまうことが意外と多いんです

ですので、夏は暑いからお風呂につからなくてもいいか・・・と思わずに、毎日入浴していくことが大切です。

入浴による予防をより効果的にするための方法につきましては、以下のページを参考にしてください。

ぎっくり腰になった時のお風呂、ちょっと待った!入ってもいいかどうかをしっかり見極めましょう!まとめ

今回は、ぎっくり腰になった際、基本的に入浴はしないほうがいいということと、ぎっくり腰には急性期、慢性期があり、状況によって入浴するかしないかの判断をすべきということについて解説しました。

痛みが激しい際の入浴は一苦労ですので入浴を控える方が多いと思われますが、痛みはあるけれど頑張れば動くことができるというレベルのぎっくり腰の場合が一番問題が起きやすいと言われています。ぎっくり腰は痛めた組織が徐々に炎症を起こしていくという可能性もありますので、痛みがあまりないという場合でも、急性期の入浴は避けるようにしましょう

ぎっくり腰による入浴は慢性期になれば効果がありますが、それ以外の場合は悪化き招くという非常に判断が難しいものとなっています。確実に慢性期に入ったとは言えないような場合であれば必ず医師の診断を受けるようにしましょう