そもそも坐骨神経痛とは?

なんでイオンシートが良いのか?

「坐骨神経痛」とは正式な病名ではなく、「症状」のことを指していいます。ただ、その症状は人によってさまざまなので、体をチェックして「坐骨神経が関係している」となると、坐骨神経痛の症状だといわれるわけなのです。

 

坐骨神経痛とは坐骨神経の通り道にある痛み

坐骨神経痛とは、その名の通り「坐骨神経に不具合が生じて痛みやしびれが起きている症状」のことです。

坐骨神経とは腰から足に向かって伸びている末梢神経のことで、脳からの命令をお尻や脚の筋肉に伝達します。運動する時や体のバランスをとる時に筋肉に指令を届けたり、皮膚の感覚を脳に伝えたりする重要な役割があります。

人体の神経の中では最大で、その太さはペン軸ほどもありますよ。

坐骨神経の通り道を詳しくいうと、5つある腰椎の下の方(4番目と5番目)から出発して骨盤から出ている神経と合体して、お尻を通り、太ももの裏側を経由して足先に向かって伸びています。

その坐骨神経の通り道に痛みやしびれを感じるようになるのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛で多いのは、腰椎や骨盤・お尻周りで坐骨神経を圧迫・刺激する部位が生じて、その結果太ももの裏やふくらはぎ、足先に痛みやしびれが出るケースです。

例えば、ふくらはぎに痛みを感じて、ふくらはぎをチェックしても異常が見つけられない場合、腰を通る坐骨神経に原因があることがあります。

同じように、太ももにしびれを感じて、太ももをチェックしても異常がわからない場合、お尻を通る坐骨神経に原因があることもあるのですね。

ミヤネおばさんミヤネおばさん

坐骨神経痛かどうかはこの後のチェックをしてみないとわからないわよ!

 

坐骨神経痛をセルフチェック

もしあなたが腰から足先にかけてのどこかに痛みやしびれを感じる場合、それが坐骨神経痛なのかどうか、以下の項目を読んでセルフチェックをしてみましょう。

 

チェック1.動くと痛みが増して安静にすると楽になる

ぎっくり腰の痛みを長引かせないためにすべきことは?②最初の激痛が引いたら、動かす

坐骨神経痛のチェック項目のひとつとして、「動くと痛みが増して安静にすると楽になる」というものがあります。

一般的な腰痛でしたら、腰をある角度に曲げると痛む等のケースが多いかもしれません。しかし坐骨神経痛は、「動いているとしんどくなり、休むと症状が軽くなる」というものです。

例としては、長時間歩いているとだんだん脚に痛みやしびれを感じるようになり、そこで休憩をすると痛み・しびれが治まってくるというケースですね。脚そのものを怪我しているのでなければ、坐骨神経痛が疑われます。

「動くと症状が増し、休むを症状が治まる」ケースが、あなたに思い当たるかチェックしてみてください。

 

チェック2.脚のしびれがある

小股歩き

 

坐骨神経痛のチェック項目には、足のしびれの有無があります。痛みもあるけれどしびれ感がより強まるケースです。

例えば、お尻から太ももの裏にかけてしびれた感じがする、脚が冷たい・または反対に灼熱感がある、つっぱり・ひきつれ感がある、締めつけ感がある、といったケースが坐骨神経痛の場合に起こり得ます。

しびれ以外では、足裏のジリジリ感、足裏の皮膚が厚みを増した気がする等の知覚異常を起こすこともありますよ。

坐骨神経痛が原因であれば、足を揉んだりストレッチをしたり、足裏マッサージをしたりしても症状は回復しないでしょう。上記のような足の不具合を感じるか、チェックしてみてください。

腰田さん腰田さん

坐骨神経痛はいろんなところが不快になるんじゃな・・・

 

また、「ぎっくり腰になってから始まったしびれ」が気になるようでしたら、こちらの記事をご覧ください。

 

チェック3.腰を反らせると痛みが現れる

猫背

坐骨神経痛のチェック項目には、「腰を反らせると痛みが現れて、腰を前かがみにすると痛みがなくなる」というものもあります。これは一般的な腰痛とは違う症状ですね。

そのため、坐骨神経痛がつらいために、あえて前かがみの姿勢で背中を丸めて歩く人もいます。自転車に乗る際も、坐骨神経痛症状を和らげるために、少し猫背ぎみに腰を丸めた方が楽だという人もいます。

姿勢が丸い方が下半身が楽、キッチン作業等が低い位置にあると楽、カートを押すのが楽、自転車が楽等のことが思い当たるかチェックしてみましょう。

チェック項目が多ければ、坐骨神経痛をかばってのことかもしれませんよ。

ミヤネおばさんミヤネおばさん

腰痛にはない症状が坐骨神経痛にはあるのよ!

 

チェック4.腰や脚に脱力感がある

猫背

坐骨神経痛のチェック項目として、「足腰に力がうまく入らずに脱力感がある」というものがあります。

例えば、脚に力が入りにくい、踏ん張りがきかない、カカトがうまく持ち上がらない、階段や段差でよくつまずく、スリッパがすぐ脱げてしまう、等のケースです。ずっと動き続けているときもそうですが、午後や夕方に強まる傾向が強いですよ。

日頃、これらのことが無意識に繰り返されてようでしたら、坐骨神経痛を疑ってみた方が良いかもしれません。あなたの普段を落ち着いて振り返り、思い当たることがあるかチェックしみましょう。

腰田さん腰田さん

足腰に力が入らないのは年のせいだけじゃないんじゃな!

 

まとめ:坐骨神経痛が疑われたらすぐに医療機関へ!

今回は、坐骨神経痛のセルフチェック方法をお伝えしました。

一般的な腰痛のような痛みだと「腰痛」だとはっきりと認識しやすいかもしれませんが、坐骨神経痛の痛みやしびれは、すぐに原因が「坐骨神経だ!」とはわかりにくいでしょう。

ですので、何となくの痛みやしびれであっても、それを感じた時には今回のセルフチェックをその都度行ってみてください。

当てはまる項目が多かったり、ひとつの項目が長期に渡って続いていたりする場合は、坐骨神経痛を疑ってみることも必要です。

「坐骨神経痛かな?」「普通の腰痛とは違うな」と思いながらも、放っておいては症状が悪化してしまう危険性があります。異変を感じたら早めに専門の医療機関での検査に向かいましょう。

 

また、もしぎっくり腰の後遺症が気になるようでしたら、こちらの記事をご覧ください。