坐骨神経痛の症状とは?

両膝に手を当てる

坐骨神経痛とは、ぎっくり腰や腰痛とは違い、腰から下の脚先にかけて不具合・不調を感じるものです。

 

坐骨神経痛とは坐骨神経に沿って起こる痛みやしびれ

坐骨神経痛とは、腰を出発点として足先まで伸びている坐骨神経が、何らかの原因で刺激を受けたり圧迫されたりして痛みやしびれが起こる症状のことをいいます。

大元のきっかけは腰痛であることが多く、腰痛を発症した後に、骨盤やお尻、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足先等にしびれるようなつっぱるような痛みを感じるようになります。

こうした痛みは、脚のどこか一部分だけに集中して感じる場合もあり、脚全体に渡って強く感じる場合もあり、人によってさまざまです。

 

坐骨神経痛の代表的な症状は以下のようなものです。

・腰を動かすと脚が痛み出す

・長時間立っていたり歩いていたりすると、脚が痛くなってくる

・姿勢を正している時よりも前かがみの方が楽

・下半身や脚先に力が入りにくい

 

腰痛の痛みのように「ただ痛いだけ」ではなく、冷感、締めつけ感、灼熱感等に痛みが重なるような耐えがたい症状がみられます。

では、この坐骨神経痛独特の痛みの原因とは何なのでしょうか?次項目で解説します。

 

坐骨神経痛になる3つの原因

坐骨神経痛の多くは、坐骨神経がどこかの部分で圧迫を受けていることが原因で起こっています。

太ももをケガしたわけでもないのに太ももが痛いとか、足先をケガしたのではないのに足先の動きが鈍いとかいう症状は、坐骨神経が関わっているからです。

以下に、坐骨神経が圧迫される3つのよくあるケースを紹介します。

 

背骨が変形して神経を圧迫するため

座骨神経痛

坐骨神経痛になる原因として、背骨が変形をしたために神経を圧迫して痛みやしびれが発症する場合が考えられます。

背骨(脊柱)内には神経の通り道となる隙間があって、そこを「脊柱管」といいます。この脊柱管が骨の変形によって狭くなり、それが原因で坐骨神経を圧迫することになると坐骨神経痛の症状があらわれるようになるのです。

脊柱管が狭くなる病気のことを一般的には「腰部脊椎間狭窄症」と呼びます。坐骨神経に関係しやすいのは、5つある腰椎の内、下に位置する4番目5番目の腰椎で狭窄症が起きている場合でしょう。

この症状になるのは、50代を過ぎた加齢によるケースが多くみられます。痛みやしびれがひどくなると、歩行障害や麻痺につながることもありますから要注意です。

下半身に坐骨神経痛の症状が現れても、腰部脊柱管狭窄症が原因の場合は、自分では判断がつきませんから病院での診察が必要ですよ。

ミヤネおばさんミヤネおばさん

骨の変形は自分ではわからないわ!病院でしっかり原因を突き止めることよ!

 

軟骨がズレて神経を圧迫するため

椎間板ヘルニア, 骨

坐骨神経痛になる原因として、脊柱の間にある軟骨(椎間板)がズレて神経を圧迫するために発症する場合があります。

脊柱の間の椎間板の中には「髄核」というゼリー状の組織があって、脊柱にかかる重さの衝撃を和らげるクッション的な働きをしています。

しかし、脊柱に何らかの負荷がかかることで髄核が押し出されると、横を通っている神経を圧迫します。

この状態が腰椎部分で起こるのが「腰椎椎間板ヘルニア」であり、坐骨神経痛につながる原因のひとつです。

腰椎椎間板ヘルニアは、10~20代の若い世代の人にも起こり得るケガです。激しい運動の繰り返しやバランスの崩れた姿勢が元になって、徐々にその症状は進行していきます。

椎間板ヘルニアとは、突発的に起こるイメージを持っている人が案外多いかもしれませんが、実は少し前からかすかな痛みやしびれを感じているケースがほとんどです。

その小さな危険信号を感知したときに、早めに病院を訪れることが大事です。「痛みの原因がわからない・・・」と悩んでやり過ごさないで、まずは検査を受けることをおすすめします。

腰田さん腰田さん

ヘルニアは腰痛だけじゃなくて坐骨神経痛の原因にもなるんじゃな・・・

 

お尻の筋肉(梨状筋)が固くなり神経を圧迫するため

坐骨神経

坐骨神経痛になる原因として、お尻の奥にある梨状筋という筋肉が固くなって、その梨状筋の中を通っている坐骨神経を圧迫して起こる場合があります。

梨状筋が原因での痛みのことを、一般的には「梨状筋症候群」と呼びます。

梨状筋はお尻の奥深くの骨盤の出口付近に位置していて、坐骨神経を上から重なるように覆っています。つまり、坐骨神経は梨状筋のトンネルを抜けるように伸びているわけです。

そして、運動のし過ぎや偏った体の使い方をして梨状筋に負担がかかって固くなると、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれを感じるようになります。

これが梨状筋症候群であり、坐骨神経痛になる原因です。

ミヤネおばさんミヤネおばさん

お尻の奥が硬く凝ることでも坐骨神経痛の原因になるのよ!

 

自分が坐骨神経痛かどうか気になるようでしたら、こちらの記事を参考にセルフチェックをしてみましょう。

 

まとめ:「坐骨神経痛かな?」と思ったらすぐに病院へ!

今回は、坐骨神経痛の原因として主な3つのパターンを紹介しました。坐骨神経痛には痛みやしびれがあるといっても、その症状の出方がさまざまであるのは厄介な点ですね。

ですので、「この痛み、坐骨神経痛かな?」と自分で思ったら、まずは病院に行って検査することを第一におすすめします。

万が一、痛みやしびれがあるのに、そのまま放っておくことは非常に危険です。症状が最も軽いうちに治療を開始するのが回復への一番の早道ですよ。

 

下半身の痺れに関して、さらに詳細な情報を以下でまとめているので、こちらも参考にしてみてください!